印象に残るおすすめのデザイン名刺例

得意先に初めて訪問した時や、プライベートで初めて会った人に挨拶する時、活躍するのが名刺です。一般的に55mm×90mmの台紙の中に、会社や自分の情報を詰め込んだこの用紙は、使い方によっては、かなり役に立つ存在です。しかしみんな同じ形で同じ様なデザインでは、本人がかなり濃いキャラクターで無い限り、後で名刺だけを見ても誰なのか思い出せない、などと言う事になりがちなのも事実です。そこで近年注目されて来て居るのが、デザイン名刺です。それらはデザインにこだわり、他の物と差別化を図ることで、より相手に深い印象を残す事を目的として作られています。ここではそんなデザイン名刺の例を挙げて、これから名刺作りを考えている皆さんに、ご紹介したいと思います。

デザインにこだわって差別化を図る

初めて会う取引先の人から渡された名刺が、驚く程に美しいデザイン名刺だったら、それだけでも強いインパクトになります。そんな人目を惹くデザインにこだわる場合、気を付けたいのはそのテーマです。たとえ美しいデザインや奇抜なデザインで有っても、自分の仕事と全く関係が無い様では、名刺の意味が有りません。またデザインにこだわるあまり、ぱっと見で読み辛い名刺は、あまりお勧めできません。読み辛いと言うイメージは、ネガティヴな物になります。名刺の目的は、いかに小さなこの用紙から、ポジティブな印象を伝えるか、と言う所にあります。自分や自分の会社が出来ることを、いかにポジティブなイメージで伝える事ができるか、この事を念頭に置いて、デザイン名刺を作成する必要が有ります。

名刺の形や素材にこだわって印象付ける

もう一つのこだわり方としては、名刺の形を奇抜な物にすると言う方法があります。一般的な名刺の形とは物理的に違う為、それだけでインパクト大です。例えば美容師であればコームの形をしていたり、音楽関係なら機材やカセットテープの形をして居る、と言った物は形だけでどんな職業の人だったのかすぐに分かります。またサイズを通常の物より大きくしたり小さくすれば、変わったサイズ故に目立つ存在になります。近年では匂いがする加工や、台紙に切り抜き加工してレース風にしたりと、様々な加工をする事もできるようになって来ています。インターネット上には、これらのデザイン名刺を請け負ってくれる会社が、数多く有ります。こだわったデザイン名刺で、出会いに強いビジネスマンを目指しましょう。