デザイン名刺の作り方のポイントを丁寧に説明します

初対面の人と会って自分自身を覚えてもらうためには、ファーストインプレッションが非常に大切です。相手の人に覚えてもらえば、次に会って仕事をする際に非常にスムースに事が運びやすくなります。もちろん失礼のないようにしなければなりませんが、自分のカラーをどれだけアピールし、どのような人間なのかということをわかってもらわなければなりません。しかし、初対面のときからすべてを出すことは難しいですね。そこでデザイン名刺のパワーがいかされることになります。デザイン名刺は自分を表す鏡になり得るのです。そのような名刺を作成する事に、かなりの時間とパワーを注いでもよいのです。それほどデザイン名刺は相手に印象を与えてくれる強い武器ですので、しっかりとしたデザインを考えることが必要になってきます。

デザイン名刺の素材について考えてみる

このデザイン名刺は自分をアピールできる武器ですが、相手が手に取って感触を確かめるアイテムでもあります。人間というものは感覚を重視する部分があります。社会はますますデジタル化が進んでいますが、感覚の動物である人間は、いつの時代においても視覚、聴覚、また手触りからくる触感などを非常に大切にします。それと同時にその感覚から得られた情報は、脳の深い部分にインプットされ長い期間潜在意識の中にとどまります。そのためデザインだけではなく、名刺の素材や形なども重視しましょう。日本古来の和紙を使ったデザイン名刺も評判が良く、逆にプラスティックなどの無機質系の材質を好む人たちもいます。また紙をコーティングしたものもありますので、数種類の中からよく考えて選んだほうが良いでしょう。

名刺のデザインや色彩、形について

次は本命のデザインです。そのデザインは創造性がより反映される部分です。日頃の感受性がデザイン名刺に色濃く反映されていきます。ただ良いと思ったデザインをすぐに名刺へ使うのではなく、自分自身の仕事との関連性を持たせることが重要です。色彩についても強烈な色合いだけを使うのではなく、穏やかな色を取り混ぜたバランス性が重視されます。いずれにしても、あまりに奇をてらったデザイン名刺はその時には目を引きますが、ビジネスで長く付き合うことになる相手にとって、一歩引いてしまう印象になってしまう場合があります。現在の仕事との関連性を持たせつつ、自分の個性や存在感を表し、相手に受け入れやすいものにするほうが良いでしょう。形については縦型のものもありますが、一般的には縦55ミリ、横91ミリのものが多く見られます。変形サイズでは、相手の名刺入れに入らず迷惑をかけてしまいますので、よく考えた形にしましょう。